【マインドコントロール】人を操る6つのやり方【否定型と肯定型】

メンタル
マイペース男
マイペース男
こんにちは!!
普段はダンサーをやっています!
好奇心いっぱいの33歳児マイペース男です(๑˃̵ᴗ˂̵)

皆さんはマインドコントロールと聞くと何を思い浮かべますか?

「怪しい」
「洗脳だ!」
「宗教だ!!

多分こういったネガティブなイメージが強いでしょう。

確かにマインドコントロールを悪用することでこういった人を洗脳するような行為が出来てしまい、実際に事件になったりもしました。

でも本当はマインドコントロールの力をビジネスや普段の生活の中で役立てることも出来るのです。

というわけで今回は
『マインドコントロールのやり方』
についてご紹介します。

結論
【マインドコントロールのやり方】
●否定型マインドコントロール
・情報の遮断
・誘導
・刷り込みサブリミナル効果
●肯定型マインドコントロール
・アメとムチ
・理解者と思わせる
・自己否定に語りかける
マインドコントロールとは
そもそもマインドコントロールとは、
『相手の思考や感情、選択をこちらの意のままに操る心理操作』です。
 
洗脳とは厳密には違います。
 
俗に言う洗脳とは『相手に対して従う事を強要する』もので、時には精神的・肉体的にダメージを与えたり罰則などで従わせる暴力的な行為です。
 
ただしマインドコントロールは違います。
 
暴力的な行為には及ばず、相手にあたかも自分の意思で決めている様な錯覚を与える行為です。
 
洋服などを見に行ったら店員さんの言葉に乗せられてついつい買ってしまうことってありますよね。
 
あれも一種のマインドコントロールです。
店員さんは上手いこと誘導してお客さんに気持ちよく錯覚を与えます。
 
でも本人も気持ち良く錯覚して、満足して買うので誰も損はしていませんよね。
(この書き方ももしかしたら、ある意味誘導に聞こえるかも知れません。笑)
否定型と肯定型
マインドコントロールには主に二つの種類があります。

 否定型マインドコントロール

まずは否定型です。
 
こちらは、相手の価値観や自我を破壊し、弱った心の隙間に入り込むタイプのマインドコントロール方法です。
 
自我が崩壊し、自分の価値観に自信を無くした人に対して新しい価値観を刷り込むことで、
本人にそれが正しい価値観だと錯覚させます。

 肯定型マインドコントロール

次に肯定型です。
 
こちらは否定型とは逆のやり方で、相手に対して暖かい言葉や優しい言葉などで励まし共感してあげることで、相手の意志をコントロールします。
否定型マインドコントロールのやり方

● 情報の遮断

よくあるやり方が密室に閉じ込めて情報を遮断するやり方です。
 
悪徳な営業や勧誘などはよくこの方法を使ったりします。
 
とにかく周囲からの情報を遮断させ、こちら側に有利な情報のみを与え続けることで、相手に『自分が間違っている』と思わせたり、こちら側が正しいと錯覚させます。
 
長時間拘束して続けることで精神的に疲れさせ、正常な判断が出来ないようにするのです。

●誘導

こちらも悪徳情報などで使われるいわゆる誘導尋問です。
 
たくさんの選択肢を与えているように見せかけて、同じ場所に誘導するやり方です。
 
例えばあなたが『異性を食事に誘いたい』とします。
但し、いきなり食事に誘っても断られる可能性があるため、いくつか選択肢を与えます。
 
あなた「もし食事に行くとしたら和食、洋食、中華だったらどれに行きたい?」
 
相手「和食がいいかな!」
 
あなた「オッケー。オススメの和食料理屋を知ってるから良かったら行こうよ!」
 
この場合あなたにとって『異性の相手と食事をする』ことが目的なだけなのであって、食事の内容はどれでも良かったりします。
 
ですが選択肢を与えることによって相手に自分で選んだという認識をさせて、断る可能性を下げているのです。

●刷り込み『サブリミナル効果』

こちらは有名な『サブリミナル効果』を狙った刷り込みというマインドコントロール法です。
 
断片的でわかりやすい短い情報を小まめに与えることで、相手にその印象を強く刷り込み植え付けるやり方です。
 
有名なのが、映画などで定期的に画面のどこかでコーラを必ず映すようにします。
 
そうするとその映画を見た人は、コーラを意識していないのにいつの間にか情報として刷り込まれ、映画を見終わったあとには何故かコーラが飲みたくなるという仕組みです。
 
テレビやマスコミが大衆を洗脳するのに使うやり方とも言われています。
肯定型マインドコントロールのやり方

● アメとムチ

続いて肯定型のマインドコントロール法です。
 
定番なのがアメとムチを使い分けるコントロール法です。
 
相手に対して恐怖を与えることで自分との間に上下関係を築き、相手が弱った所で優しい言葉を投げかけます。
 
人間は極限の恐怖を与えられると安心する場所を求めるようになります。
 
そうやって『恐怖』と『解放』を交互に与えることで自分に依存させるのです。
 
恋愛においても『ドメスティックバイオレンス』
通称『DV』におけるやり方としても有名です。

●理解者と思わせる

相手の悩みなどを聞きながら、一切否定などをせずに優しい言葉を投げかけてあげたり、全てにおいて肯定してあげます。
 
そうすると相手はあなたの事を熱心な理解者だと思い、その有り難みから段々とあなたを神格化して見るようになっていきます。
 
一度そうなったらあなたの言うことは何でも聞くようになるでしょう。
 
占い師のように立ち振る舞うことで相手の信頼を得るやり方です。

●自己否定に語りかける

自己否定感が強く、メンタルが弱まっている人は一番マインドコントロールにかかりやすいと言われています。
 
そういった方は自分に自信が無く、自分が居心地の良くなる場所を常に探しています。
 
自己否定して弱っている所につけ込むことで、相手に安心感を与え操ることが出来るのです。
 
依存して全てを信じ込むようになり、簡単に洗脳されてしまいます。
まとめ
いかがでしたか。
 
マインドコントロールにも色々なやり方があります。
 
もちろんこういったコントロール法は悪用しようとすれば出来ますが、知識として持っていることで色々と役に立つこともあります。
 
ビジネスの交渉の場だったり、自分が騙されないためだったり、自分自信をマインドコントロールするのにも役立ったりするでしょう!
 
次回はそういった事も詳しく解説していきたいと思います。
 
まずは今回は
『マインドコントロールのやり方』
についてご紹介しました。
 
本日もありがとうございます😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました