【やらなくてはいけないこと】を先延ばしにしてしまう6つの原因

メンタル・マインド

皆さんは『やらなくてはいけないこと』があるのはわかっているのに、なかなか動き出せない!

始められない!

先延ばしにしてしまう!

そんな経験はおアリでしょうか。

どうせやらなくてはいけないから、結局やることになるとわかっているのに動けない。。

そんな先延ばしにしてしまう感覚は誰にでもありますよね。

『疲れていて〜』とか、

『今回はたまたま〜』

ならまだいいのですが、人によっては『先延ばしグセ』が習慣になっている人もいるようです。

というわけで今回は

『やらなくてはいけないこと』を先延ばしにしてしまう6つの原因についてご紹介します!

◯今回の記事を音声で聞きたい方は
コチラ!

Error 404 (Not Found)!!1

◯結論

『やらなくてはいけないこと』を
先延ばしにしてしまう6つの原因

・疲労・体調不良

・期限に余裕があり過ぎる

・追われていることに快感を覚える

・優先順位がわからない

・失敗やプレッシャーが怖い

・やりたくはない

疲労・体調不良

そもそも疲労が溜まっていたり、体調が悪かったりすると何事もやる気が起きませんし、

身体もついてきません。

当たり前のことですがしっかり栄養のある食事をとり、睡眠、適度な運動などの体調管理はしっかり整えてください。

自分の生活を見直し心と身体の健康を保つことは、

それこそ人生において一番の『やるべきこと』なのです。

期限に余裕があり過ぎる

『やらなくてはいけないこと』をなかなか始められないのには、そのやるべきことの期限までに時間があり過ぎる場合があります。

夏休みの宿題を思い出してみて下さい。

夏休みに入ってから新学期まで1ヶ月以上もあります。

そんなに余裕があれば

「まだいいか」

「まだ大丈夫」

となかなか動かないで、気づいたら時間が経っていたなんてよくある話でしたよね。

本当にやらなくてはいけないことならギリギリになれば、人はやるしかなく動いてしまうものです。

もし早く取りかかりたいならば

自分であえて期限を設けるか、誰かに期限を作ってもらう。

または大々的に期限を宣言してしまってあとに引けなくするという手もあります。

追われていることに快感を覚える

『やらなくてはいけないこと』に常に追われているのが快感という人も中にはいます。

これは暇になるのが怖いという感覚にも似ていますが、常に自分にある程度の負荷を与えておきたい、その状態にいることが安心に繋がるというパターンです。

このタイプの人は、

やるべきことをとっとと終わらせてスケジュールが白紙になったり、タスクから解放されることに喪失感を覚えてしまいます。

そのために常にある程度の『やらなくてはいけないこと』を片付けずに残してしまう傾向にあります。

優先順位がわからない

『やらなくてはいけないこと』があるのはわかっているのに、いざやる時に『どこから手をつけていいか』がわからないという人もいます。

これはやるべきタスクが多過ぎたり複雑な時に起きやすいです。

こういった場合はまずは紙にやるべきことを書いてリスト化してみましょう!

その上で優先順位を付けていき、なるべく緊急度、優先度の高いものから処理していきましょう。

やるべきことが多すぎると思考も散らばりパニックになりやすいので、

まずは落ち着いて整理していくことから始めましょう。

失敗やプレッシャーが怖い

『やらなくてはいけないこと』を始められないのは、それを行った時の失敗やそれをやらなかった時にどうなるかを考えすぎて、恐怖心から動けなくなっているパターンもあります。

『やらなくてはいけないこと』を始める事そのものにプレッシャーを感じてしまっている状態です

恐怖やプレッシャーに負けてなかなか始められない状態に、さらに負荷がかかって悪循環に陥っている可能性もあります。

特に完璧主義な人などは注意が必要です。

やりたくはない

『やらなくてはいけないこと』が出来ないのは、

その物事が本当はやりたくないという可能性があります。

人はやはり自分の意思でやりたいこと以外は、なかなか始めるのに労力がいりますし、

始めるための何かきっかけを探してなかなか動けない、というのもよくあります。

◯『やりたくないこと』をやらない選択

『やらなくてはいけないこと』がやりたくないことだった場合、それをあえて『やらない』という選択をしていくのも一つの手だったりします。

・『やらなくてはいけないこと』が本当に『やらなくてはいけない』のか今一度見直す。

・人にお願いして自分ではやらない。

・その『やらなくてはいけないこと』を好きになる努力をする。

などなど..

『やりたくなくてもやる』のが当たり前でそれが正義なんていう時代はもう古いんですよ。

今は『やりたくない』ならそれなりにやらない方向に持っていく手段はあります。

まずは本当に『やらなくてはいけない』物なのか疑ってみましょう。

◯まとめ

人は様々な要因でやるべきことを後回しにしてしまいます。

原因についての対策もそうですが、あとは自分のやる気次第なとこはありますよね。

人のやる気スイッチの入れ方やモチベーション的な話は、以前に書いたこちらの記事も参考にしてみて下さい。

【やる気スイッチの入れ方】やる気スイッチを入れる【5つの方法】
この記事では『やる気スイッチを入れるための5つの方法』について解説しています。

 

というわけで今回は

『やらなくてはいけないこと』を先延ばしにしてしまう6つの原因!

について紹介しました。

ちなみに今回の記事は、ラジオ仲間でブログ仲間の五本木さんと同じテーマで書いた記事です。

五本木さんの書いた記事はコチラ!

ラジオ企画❶ やれよはできるよ
「勝手にお悩み相談」という、我々のラジオの企画をの中で マイペース男さんとお悩みについて、ブログを書く企画をし…

本日もありがとうございます😊

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました